オール電化はガスに比べて、CO2の排出を削減できるため、地球環境への配慮につながります。
ガスに比べてエネルギー効率もいいので、光熱費が安くなるといった家庭へのメリットもあります。
国を挙げてオール電化を普及させようという働きもあるので、オール電化を導入際には補助金制度の利用も可能です。

国の補助金制度は平成22年で既に終了していますが、エコカー減税も何度か再開されたので、オール電化に対する補助金制度も再開に期待したいですね。

しかし各都道府県や自治体では、いまだに補助金制度を実施しているところはあります。
ここは各自治体で予算の違いがあるため、金額は一律ではありませんが平均で20,000円~60,000円程度の補助が受けられるようです。
ただし補助金制度を利用するには条件もあります。
ここも各自治体で違いはありますが、例えばオール電化と太陽光発電を同時に設置するといった場合もありますので、オール電化を導入しただけでは補助金の対象にならないケースもあります。
ここは各自でしっかりと確認しておきましょう。

補助金に関しての手続きは自分でも申請できますが、ほとんどの場合は施工業者が代行してくれるのでここは安心です。