オール電化は経済的で安全、そのうえ環境にも良いと言われる一方で、
導入費用と維持・メンテナンスにかかるコストが大きなデメリットだとも言われています。
賛否両論のあるオール電化ですが、実際のところはどうなのでしょうか。
そこで、おおよその費用とその内訳の具体例を見ながら考えていこうと思います。

「設備費+工事費+その他諸費用=オール電化」という図式。

設備費とは設置器具の費用です。
IH調理器具とエコキュートでおおよそ60~80万円くらいです。

工事費とは、機器設置工事、部材の仕入れ及び運搬、既設機器撤去、200V電源工事、電化申請等であり、また料金はそれぞれに発生します。これらは取り付け工事に当たりますが、この他に今まで使用していたガスの撤去工事が別に行われます。都市ガスの場合、解約するだけなら無料です。しかしプロパンガスは、ボンベなどの設備撤去が必要なので1~3万円ほどの費用がかかる場合も多々あるそうです。また、ボイラーなどの器具の撤去及び処分に関しては自己負担の場合もあるそうです。

その他諸費用とは、ローンの利息や、補助金などです。

故障となれば当然修理は必要ですが、注意したいのは設置後の故障ではなく、工事中の不手際によるところが多々あるそうで、正しく設置がなされれば故障の心配も少ないそうです。
その他にはこれといった費用はかかりません。

数字で見るオール電化、なんとなく掴めてきましたね。
検討中の参考になればと思います。