mコミュ並にヤれる相手を検索する技

mコミュ並みにヤれる出会い系に出会えたことありますか??

今日はマジでやれるサイト情報やテクニックをご紹介しますので御覧ください。

直アド交換できるとっておきの裏ワザ

出会い系サイトでは直アドを交換することも大切ですね。
でも、すぐに直アド交換と言っても、逆に失敗してしまうこともあります。

そこで、タイミングがとても大切になりますね。
まず一言で言ってしまえば出会う約束をしてから、直前に交換することです。

そこまで女性の気持ちが実っていないときに聞いてしまうと、
失敗率が高まります。

また直アド出会いの話まで出ていても伝えて来ない場合、
相手がサクラということもあります。

もういつでも会えそうな雰囲気になっているわりに、
絶対に会わないサクラはもちろん直アドの交換もできません。

他には女性がやはりとても警戒している場合があります。
そういう場合は、今後メールのやり取りもサイト外でしたいので、
フリーアドレスを勧めるようにしましょう。

また、サイトによっては電話番号やアドレスの交換が、
できないようになっているサイトもあります。

そのような数字はすべて文字化けするようになっているサイトもあるのです。
また、多くの優良サイトの場合、1回送ると文字化けしますが、
2回目からはしないようになっていますので、
2回交換をすると無事に伝わるようになります。

しかし、やっぱり女性から気持ちよく直アドをもらうことが一番大切ですね。
そこで、「直アド教えて」とか「直アド交換しよう」ではなく、「僕の直アド教えておくね」というところから始めましょう。

そして「君ももし教えてもいいなと思えるようになったら教えてね」
と付けくわえておきましょう。

こんなふうに言われると、女性の方も気持ち良く教える気持ちになるものです。
その男性のセンスのよさ、礼儀のよさ、女性の気持ちを尊重する態度が、
逆にとても好感度アップになり、直アドはまだと思っていた女性も、
つい教えたくなりますよ。

もちろんこれを言うのもタイミングがあり、
ある程度時期を見て行なうようにしなければなりません。

セフレを作るためのポイント

セフレを探しているけれど、なかなかに難しいと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
こういった方達の共通点を見てみると、無駄な努力をしていることが多いです。

労力を掛けるポイントがちょっと違っているということなんです。
何事にもコツがあるように、間違ったベクトルでいくら労力を注いでも、正直結果というものが出てきません。
セフレ作りにも、ある程度のベクトルがあるのです。

■出会い系サイトの選び方

女性の本質を見た場合。リアルな生活でセフレの関係を募集していると公言していることは、ほぼありません。
セフレになって下さいと口説いたところで、それを拒否するのは、当然のことなのです。

ではどうすればいいかというと出会い系サイトを筆頭に、インターネット上での出会いを選択すればいいのです。
その上で、そもそもどんなサイトを選んだら良いかという所がポイントです。

まずユーザーにとって優しいサイト。
サクラや業者が少ないサイト。
安全性が高いサイト。
出会いの実績があるサイトなどが挙げられます。

■関係を築くまでの注意点

サイト選びが終わったとしても、セフレが作れるはずはありません。
登録しているユーザーとコミュニケーションを取り、実際に会うまでの作業が大事になります。

そこでのポイントは、自分のプロフィールをどのようにするか。
どんなプロフィールが女性ウケするのかを考えるべきです。
自分の写真の登録はどうするのか。
掲載するとして、どのように撮影すれば女性ウケが良いか。

初メールの内容はどのようなものにして、タイトル文でどのように興味や関心を惹くか。
更にどのタイミング(時間帯)にメールを送った方がいいのか。

返信が来たら、どんな内容でどのタイミングで返信すればいいのか。
どのくらいメールでのコミュニケーションを取れば、直接の連絡先交換や、実際のアポイントが取れるのかどうかなどなど。

ポイントを挙げていくとキリがありませんが、これらのポイントを押さえ、ベストな選択を取れれば、セフレの関係は確実に築けるのです。

セフレを作る理由は?

セフレという関係は、そもそもどういった関係なのでしょうか。
定期的にセックスが出来る間柄だとしても、そこに金銭の授受などがある場合には、援助交際や、愛人契約といった関係になってしまいます。

セフレの関係というのは、純粋にその行為をしても、金銭の授受などが発生しない関係をセフレというのです。
こういったことをいうと信じられないと思う方も多いかもしれませんが、セックスに対して、満足が出来ないという不満は、非常に高いストレスにもなるとされています。

■色々な関係がある

単純にセックスへの探究心や好奇心から、セフレを作る方もいれば、一見すると、恋人同士の関係とさほど変わらないような、普通にデートをして食事などを共にしてセックスもするといった関係の方達もいます。
寂しさを埋めたいからという理由の方もいることでしょう。

しかしながら、どういった目的であっても、そこにセックスの関係があるというのがセフレという関係なのです。
嫉妬などもしなければ、束縛などもすることはない。
お互いに会いたい時に会い、セックスをして、何もなかったようにそれぞれの日常へと戻っていく。
これこそが、セフレの最大の醍醐味とも言えるでしょう。

■人は弱い生き物である

人というのは弱い生き物です。
武器を持たなければ、ペットの犬にすらも勝つことが出来ないという体力的な問題もそうですし、精神的にも一人で生きていくことは難しく、他人との繋がりといったものや温もりといったものの良さを知ってしまったら、それなしでは生きていくことが出来ないのです。

だからこそ、パートナーとの間で少しでも大切に扱われていないといったようなことを感じたり、寂しさなどを感じてしまった場合、それを補填するためにセフレといったものを持ちたがる傾向があるのです。
どうして世の中の女性が、セフレという存在を欲しがっているのか、これで分かったことでしょう。
それさえわかっていれば、いつだって美味しい思いをすることは、誰にだって出来るのです。

セフレ作りでよくある質問

セフレを作りたいと思っているものの、その欲求を実現出来ていない方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
セフレ作りにこれから初めてトライをする方の多くは、様々な不安や疑問というものを抱えていることでしょう。

ここでは、セフレ作りに対して、よく寄せられている質問などを紹介していきましょう。

■作ることが出来るのか

やっぱり王道は、セフレは本当に作ることが出来るのか。
ただの騙しの種なのではないかということです。
ぶっちゃけ、セフレの関係は存在します。
セフレの存在を否定することは、その中に浮気や不倫の関係が存在しないと言っていることと同じですよね。

広い意味でいえば、浮気や不倫などもセフレの関係ですし、愛人契約や援助交際だって、ちょっと形は違いますがセフレのように本当にあるのかと思われてきた関係です。

騙しのネタにされることは、当然にあります。
出会い系サイトのサクラや美人局。
その他にも、裏風俗業者などの常套手段ですからね。
彼らは男性の性欲や願望を刺激して相手を騙すわけですから、セフレという男性にとっては、かなり美味しい関係を餌にするのは、当然なのです。

しかしながら、ある程度にこれらの共通する特徴などは、インターネット上を中心として、情報公開されていますから、十分に判別することは可能でしょう。

■ブサメンだけど大丈夫なのか

ルックスに自信がないけれど、セフレなんて作れるのか。
これも、かなりよく見るセフレ作りをしようとしている方の中で寄せられる質問です。

ぶっちゃけて言えば、ブサメンよりもイケメンの方が重宝されます。
男性だって、ブスよりも可愛い方がいいでしょう。
ですが、それが全てではないということです。
セフレ作りのスタンダードな出会いの場になっている、出会い系サイトなどでは、ルックスよりも先に、内面を確認しあうことから始まります。

外見<内面という法則がその時点で成り立っているのです。
もちろんサイト上で仲良くなれたからといって、実際に会う時にどんな格好でも態度でもいいのかといえば、NOですが、最低限に気を付けるべきことを守れば、問題ないのです。

セフレ作りと理性

セフレの関係を簡単に作り出せる人間もいれば、かなりの労力やコストを掛けても、全く成果が出ないと悩んでいる方もいらっしゃいます。
こういった差が出るのは、やはり異性というものを、しっかりと理解していないからなのです。

一般的に人にされて嫌なことはするななんて考え方をしていたり、自分がこうされたら嬉しいから相手にするなんて考え方は、素晴らしい考え方です。
しかしながら、男女関係になった場合、そこには性差というものがあるわけですが、「自分が○○だから相手も」という法則は、間違っている場合があるのです。

■理性が外れるとき

男性でも女性でも、いくら好みの異性とパートナーシップを築いたとしても、その時間が長ければ長いほどに、倦怠感というものを感じることが多いのです。
ですから、お互いに新しい異性とセックスをしたいと思うのは当然の感情というわけです。

しかしながら、そこには理性というものが働き、特に世間体や他人の目や評判といったものを気にする女性の場合には、新しい異性と関係を持ちたいと思っても、理性というブレーキを掛けて実際の行動には起こさないものなのです。

ただし、この理性というものが外れる瞬間というものがあるのはご存知でしょうか。
言われてみると、そんなことかと思うかもしれませんが、一つはアルコールなどを摂取した時。
そして世間体が関係しない場所で出会った時です。

■匿名性が高い出会い系がオススメ

前述のように理性のタガが外れる瞬間は、2つあるものなのです。
その一つである世間体が関係しない場所での出会いというのが、まさしくインターネット上での出会いなのです。

職場の異性や、同じ学校、サークルといった場所の場合、そこには、狙っている異性だけではなく、周囲の沢山の目というものがあるのです。
こういった場合には、目の前にいる異性の魅力よりも、そういった周囲の目が気になり、理性的に振る舞う方が多いのです。
だからこそ、インターネット上の他人の目がないような出会いの場がセフレ作りには狙い目なのです。

セフレ作りにステータスは関係ない

セフレなんて自分には作れるはずがないと思っている方もいらっしゃることでしょう。
イケメンでもないし、社会的なステータスもないからなんて思っている方も少なくありません。

しかしながら、セフレの関係というのは、セックスをすることが目的であり、そこで高い快楽を得られればいいだけなのですから、社会的ステータスなどは、まったく関係ありません。

インターネット上の出会いツールを利用される方が多いと思いますが、そこで大事なのはプロフィールだと言われています。
ここではセフレを作るためのプロフィール作成について紹介していきましょう。

■人柄が想像出来るようなものにする

前述にもある通り、恋愛相手探しでもありませんし、結婚相手を探しているわけでもありません。
ですから、社会的なステータスが高く、経済力があるなんて関係ないのです。
セックスをする時のラブホテル代くらい持っていれば、全く問題ないと判断されるのです。

ですからプロフィールなどには、社会的ステータスが高いだとか、年収はいくらだとかいうことは、必要ないわけですね。
逆にこんなことを書くと、嫌味なヤツと思われる傾向が強いです。
そうではなく、人柄を感じられるような趣味などを入れておくことが重要になってきます。

ポイントとしては、スポーツ系の趣味を一つ。
インドアの趣味を一つ。
ちょっとマニアックな趣味や異性寄りの趣味を一つといった感じでまとめるのがいいでしょう。

■完璧すぎはダメ

プロフィール作成が重要だからといって、嘘八百を並べるのは辞めましょう。
メールでのコミュニケーションをしている内に、あっさりとその嘘がバレ、嘘つきだと分かれば、一瞬にして安心感が消えて警戒心を抱かれてしまいます。

異性ウケと狙いすぎて、どうも嘘くさいなと思えるようなプロフィールは、逆に警戒心を抱かれる結果になるのです。
ですから、リアリティを感じさせるような内容に留めておくことが何よりも重要なのです。

セフレ作りにはアルコールが効果的

セフレを作るためには、やはりセフレにし易い異性をターゲットにして、アプローチを掛けるべきでしょう。
セフレというものを全面的に否定している異性に、いくらアプローチを掛けたところで、それは無駄な労力と言わざるを得ないのです。

セフレを作ろうとしているのに、なかなか出来ないという方の共通点としては、セフレの関係を全面的に拒否している異性に対して、アプローチを掛けている。
これでも成功率は低いのに、異性がセックスをしたいと思っていないタイミングで誘いを掛けているなんてことも挙げられます。

■アルコールは最高のサポーター

アルコールというのは武器になります。
昔から女性や男性を落とす方法として、飲みに誘って口説いたり、誘惑するというのは、常套手段とされているのは、ご存知でしょう。
アルコールというのは、人間の理性というものを吹き飛ばすのには便利な最高のサポーターなのです。

酔わせて昏睡状態にして、セックスをするなんてことは、犯罪に近いやり方ですが、理性を薄れさせるくらいの方法であれば、みなさんやっていることなのです。

人間というのは、本能のままに行動する他の動物とは違います。
理性というものがあり、膨大なエネルギーを使って、本当ならば、本能のままに行動したいで衝動を押さえ込んでいるのです。

ですから、本能を開放したいと常に心の中では思っているのです。
それがアルコールによって開放される。
となれば、セックスの快楽に溺れることを選択しても、おかしくないでしょう。

■アルコールを摂取させる時の注意点

アルコールがセフレを作る際の良きサポーターであることは、前述にもある通りですが、楽しく飲んで、その結果、酔っ払ってもらうということが大事なのです。

ゲームなどをして無理やりに負けさせ、ガンガンに飲ませて酔わせるなんてことは、決してしないようにしましょう。
嫌がる女性に強い酒をどんどんと勧めるのは、犯罪といっても過言ではありません。

セフレ作りには口実が必須

ナンパでも合コンでも、出会い系サイトを利用しても、女性をお持ち帰りするためには、コツというものがあります。
とにかくお持ち帰りなどをして、セックスをしたという既製事実を作り、相手をある程度満足させることが出来なければ、セフレなんて関係は構築出来ません。

結論からいえば、セフレの関係に女性達を踏み出させるには、それをしてしまった口実を作ってあげるとよいとされています。
言い方を変えると、言い訳が出来る状況やシチュエーションを作ってあげるということです。

■何かをだしに使う

ホテルに行こうよといきなり言って、ついてくる女性はほぼ皆無でしょう。
逆ももうちょっとスマートに誘えないのかと幻滅されることの方が多いといえます。

古くから使われている常套手段としては、何かをだしに使って、ラブホテルや自宅に連れ込んでしまうという方法です。
例えば、会話の中で映画や音楽などの話をし、家にあるから、これから一緒に見ようよと誘うわけです。

やや強めに提案をして強引にでも了承を得ることがポイントになります。
こういった誘いであれば、セックスなんて全くする気はなかったし、映画を見にいくだけのつもりだった。
音楽を聞きにいくつもりだったという言い訳を相手に作ってあげることが出来るわけです。

■興味を惹くものを持っていると楽

相手の女性が興味を持っているものを自分が保有している場合には、非常に楽に誘うことが出来ます。
例えば、ペット好きな女性である場合には、自宅で飼っているペットを持っているからそれをネタに誘う。

他にもお酒好きな女性であれば、家で飲み直そうと誘えばいいだけです。
なかなか手に入らない焼酎があるだとか、カクテルが作れる道具があるからなんてことでも良いでしょう。

他にもグルメ好きなら、自分が作った○○は、どのお店よりも美味しいから、一度食べてみて欲しいなんて誘い方でも効果的です。
しらじらしいとか、バレバレという意見があるかもしれませんが、こんな口実作りで十分なのです。

セフレ作りに出会い系サイトが利用される理由

セフレ作りのための出会いの場として。出会い系サイトはあまりにも有名です。
なぜセフレ作りに成功している方の多くが、出会い系サイトを利用しているのか。

そんなのは、ただの悪徳サイトの宣伝文句だろうと思っていらっしゃる方も少なく無いでしょう。
しかしながら、結論からいえば、出会い系サイトを使いセフレ募集をすることで、得られるメリットは、沢山にあるからなのです。

事前に距離感を接近させておくことができ、女性免疫がない方やコミュニケーションスキルが低い、他にもルックスにコンプレックスがある人間でも気軽に利用出来る。
同じ目的の異性が利用している。
貞操観念など皆無な異性が多いといったものが挙げられるのです。

■他の出会いツールとの比較

セフレを作ろうとした場合、出会い系サイト以外に、どのような出会いツールが存在しているでしょうか。
ざっと挙げるだけでも、合コン、ナンパ、風俗、キャバクラ、ヤリサー、乱交パーティなんてものでしょうか。

想像することは出来ても、実際にこれらの方法で実現することが出来るかといえば、現実を知っている方であれば、これらの方法でセフレを作ることのハードルの高さは、すぐに察知することが出来るでしょう。

これらのものと比較した場合、出会い系サイトの難易度というのは、明らかに低いことは、簡単に想像出来るのではないでしょうか。

■一本にやり方を絞ること

セフレ作りのための出会いの場というのは、前述に挙げたように沢山に存在します。
しかしながら、あれでもコレでもといったやり方をしていると、時間と労力、そしてコストの無駄遣いと言わざるを得ません。

ポイントになってくるのは、一番難易度が低く、その上で効果的であり、継続力の高いツールを一つに絞り、それを行っていくということです。
匿名性が高い出会い系サイトでは、前述でも少し触れたように女性のやる気が違いますし、一般的な女性よりも、貞操観念というものが飛んでいる女性が利用していることが多いのです。

セフレ探しはポイントを押さえて

セフレは欲しいと思っているけれど、本当にそんな関係を築くことが出来るのかは微妙という不安を感じている方は多いのではないでしょうか。

セフレの関係を築いた経験のない方にとって、金品の授受などの対価を支払うことなく、セックスだけの身体の関係をワンナイトラブ的なたった一度きりというのではなく、継続させていく関係なんて信じられないと思うのは、分かります。
しかしながら、あなたが知らないだけで、こういう世界は確実に存在しているということだけは、覚えておきましょう。

■目的はそれぞれである

セフレと単純に一言で言っても、その種類というか、目的は様々です。
その違いによって、難易度や手法、そしてパートナーとの出会いの場などが変わってきますから、まずはそれを明確化することが重要なのです。

まずは誰でもいいから、とにかく多くの異性と会ってすぐにセックスをしたいと思っているタイプ。
次に、ある程度に食事や会話といったものも楽しみ、ある意味で恋愛関係の契約は交わしてはいないものの、恋人のような関係や不倫関係のようなセフレの関係。

恋愛の駆け引きのようなものを楽しみ、口説き落とすなどの過程までをも楽しみたいというタイプなど様々です。

こういった目的の違いによって、セフレの関係やセックスへの関心度は違ってきますから覚えておきましょう。

■ポイントさえ抑えれば難しくない

セフレ作りのポイントさえ押さえていれば、セフレなどは、簡単に作ることが可能なのです。
その一つのポイントになるのが、セフレにしやすい女性を狙うということです。

特徴としては寂しがりだったり、構ってちゃんなどの特徴がありますから、探しやすいと言えるでしょう。
出会い系サイトなどであれば、毎日のようにログインをしているような女性ならば、少なくても、誰かに構って欲しいという願望を持っている可能性が高いため、そういった女性をターゲットにすべきですね。
エロに前向きな女性は、リアルな生活では探しづらいものの、ネット上では簡単に見つかるものですよ。

出会い系でセフレが探しやすい理由

セフレなんて、出会い系サイトのサクラの常套手段であり、そんな関係は築けないと思っていらっしゃる方も多いことでしょう。
しかしながら、実際には出会い系サイトなどを上手に使い、周囲には知らせず、こっそりと沢山の異性と美味しい思いをしている方が沢山いらっしゃるのです。

なぜ出会い系サイトを利用すれば、セフレの関係を効率良く作ることが出来るのでしょうか。

■女性もオープンになれるから

男性の場合、異性の前で多少下ネタを言っても、少々の変態扱いをされるだけで済みますし、冗談で流されることが多いです。
しかしながら、女性の場合には、そうはいきませんね。
周囲の目に晒されることはもちろんですし、女性は話好きですから、友人の一人に知られようものなら、一気にヤリマンの噂が広がることになります。

一昔前と比較して、女性の下ネタ発言などにはオープンになったものの、やはり小さな頃から、簡単に身体を許してはいけないだとか、愛の無いセックスはどうだなんて育てられてきているため、日常生活では、あまり性にオープンな大胆な行動はしないものなのです。

セックスの経験人数を例に取れば、男性の場合には武勇伝になるものの、女性の場合だとビッチや淫乱といったマイナスのイメージを持たれることになります。

■男女差がなくなる

リアルな生活の場合、男性の場合だと、あの子もこの子もやれるという判断をするもので、それが成立している部分があります。
しかしながら、女性の場合、あの人もこの人もイケメンだし、エッチしたいなんてことは言えないわけです。
それは前述の他人にどう見られるかという感覚差があるからなんですね。

しかしながら、本質的には、女性だって性欲が溜まっていればそのように考えますし、色々な男性とエッチをしたいと思っている女性もいるのです。

出会い系サイトの場合、この本音の部分を出すことが出来るため、男女のこういった差がなくなり、積極的になることが多いため、簡単にセフレを作ることが出来るのです。